「BasicRobo」の環境設定

今回はKapowKatalyst(※1)をインストールし、ロボットを動かすための環境設定をしていきましょう!

(※1)KapowKatalystとは各種ソリューションの組み合わせにより、業務の自動化を実現するサービスの総称を意味し、BasicRoboと同じ意味で使われております。

「BasicRobo」とはなんぞやという方は、RPAツール「BasicRobo」の仕組みをお読み下さい。

早速ですが、「BasicRobo」の環境設定を進めていきましょう!
今回は開発環境での環境設定を前提に進めます。

ソフトウェアのインストール

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ウィザードに沿ってインストールします。インストール時には特別な設定は必要ないので、デフォルトのままインストールしてください。

初期設定

スタートメニューから「Design Studio 10.x」を開き、Design Studioを起動します。

「Windoewsセキュリティの重要な警告画面」が表示される場合には、全てのチェックボックスをONにして「アクセスを許可する」をクリックします。【画像挿入予定】

※ 複数のネットワークでDesign Studioを使用する場合、チェックされていない環境での通信がWindows Firewallによって守られ、エラーが発生することを防ぐための設定です。

ライセンス設定

Design Studioが立ち上がると初回のみ「End User License Agreement」 画面が表示されます。内容をご確認の上「I AGREE」をクリックします。【画像挿入予定】

「Enter License Information」 ウィンドウが表示されたのち、事前に配布されたライセンス情報を画面に入力し、「OK」をクリックします。

下記の画面が表示されればインストール完了です。

以上が「BasicRobo」開発環境の設定となります。簡単ですよね?
細かい設定については、実際にロボットを作成しながら、学んでいきましょう!